整備事例 ハイゼット スタータモータ不良

車検が終わったばかりのハイゼット(S331V)

エンジンがかからないということで、お客様から連絡がありました。。。

さっそく現場へ直行し、診断。

スタータモータ不良でした。

コンコンと衝撃を与えても、動作せずということで積載車で搬送されてきました。

さっそくスタータモータを外して確認です。

赤丸の部分で断線して通電不良となってました。

スタータモータのリビルト品を手配してましたので、付替えです。

部品屋さんに在庫がありましたので、朝一の故障からの当日午後納車となりました。

お客様へご不便をおかけする時間が少なくすることが出来て良かったです。

車検後の電装品の故障はたまにあることですが、お客様からすれば大変ご不満をもたれる場面です。

当社では車検時に丁寧に点検し、交換が必須な部分・推奨する部分と分け、分かりやすく説明をするようにしております。

電装品に関しては、故障時期の判断が難しく、定期交換部品としていないため、今回の事例となりました。

完璧に交換してしまうと、高額な車検となるため、お客様にとって最適解となるように提案できるようにこれからも努力していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です